product

HOME>PRODUCTS>Mill section >Fin-pass Mill

Mill section

フォーミングからフィンパス、サイジングまで、FEM解析技術によって一貫してデザインされた理想成形ミル設備、さらに最高のチューブ・パイプを製造するための独自技術がミルセクションには注がれております。

Fin-pass Mill

Inner roll unit pull-out type for large size/Inner roll unit pull-out type for small sizeフィンパスはFFXミルの成形を受けて、最高の溶接環境を造る為の重要な成形工程です。NAKATAはFFX解析により、最適なロール形状とポジショニングを提供いたします。さらに、独自に工夫された、ロール交換「Quick Change System」は作業者の負担を大幅に削減し、生産性の向上に貢献いたします。

「Quick Change System」の詳細情報をご希望の方は、コチラ。

page top

Weld Bench

スクイズWeld Benchは、SQスタンド、加熱装置およびビード処理装置から構成され、溶接管にとって品質の要となる重要な装置群です。
「高周波溶接」においては、「インダクションタイプ」と「コンタクトタイプ」の溶接方法を採用しております。 特に「コンタクトタイプ」では、中田製作所独自のノウハウで、スパークや磨耗を抑え、安定操業を実現しております。 さらに近年、熱影響の最も少ない優れた溶接法として、レーザー溶接法が注目されています。
“高精度の突き合わせ形状”が最大の課題でありましたが、NAKATAの優れた成形システムによって、理想的な突き合わせ形状が可能となり、今後の発展が期待されています。 またビート処理では、独自の工夫によるチョッピング方式により作業者の方々から高い評価を得ています。

溶接技術の詳細情報をご希望の方は、コチラ。

page top

De-twist Stand

De-twist Stand管にねじり力を与えて、シームの位置を自在にコントロールする装置です。独自のキャリバー設計により、所定のサイズ範囲内にてロールの兼用化を実現しました。通常、シーム熱処理装置前、或は、サイジング前に設置します。シームトラッキング装置を組み込んだ自動調整システムもご用意出来ます。

「De-twist Stand」の詳細情報をご希望の方は、コチラ。

page top

Sizing Mill

サイジングミルは、製品寸法・形状を決める為の設備であり、適切かつバランスのよいミル剛性を有します。 通常、設備構造はFPミルと共通で、同様の「Quick Change System」を装備しています。 THスタンドは、サイジングミルとの連携にて、管の真直性を確保します。

page top

Roll Box

FEM解析技術が生んだ革新的角管成形技術

技術ポイント

De-twist Stand
  • ●角管成形ロールの兼用化
  • ●ロールポジションのNC管理=自動ポジショニングによる位置制御
  • ●ロールの交換作業の短縮とロール在庫の半減
  • ●全ロール駆動で安定した推力を確保
  • ●縦横比の大きな製品も容易に製造可能
  • ●コーナー部の寸法・品質特性の改善
  • ●表面品質の改善

製品仕様につきましては、鋼管規格条件による段数変化のため、お客様の規格条件等をお知らせ下さい。

お問い合わせご相談につきましては、コチラ。

page top

Product

Entry section

Mill section

Cutoff section

Finishing section

その他の設備

NAKATA MFG. CO., LTD.

3-7-6 Tagawa, Yodogawa-ku, Osaka 532-0027, Japan TEL +81-6-6303-1900 FAX +81-6-6303-1905